2015年12月19日土曜日

大槌・ぷち講座開催

ビール缶は材料です
12月18日、大槌事業の一環として「ぷちコミュニティガーデン講座」を開催しました。
今回の講座は、冬はどうしても花壇作業から遠ざかってしまうため、この間のモチベーション維持と、これまでのワークショップを振り返りながら今後につなげていくために企画したものです。



アレンジしたサンプル
ワークショップの前に、ちょっと参加者の皆さんに手を動かしてもらおうということで、花と葉っぱの形をモチーフにしたワイヤーワークの植物プレート(ガーデンピック)作りを体験していただきました。

テーブルに並んだビール缶は、プレートの材料です。決して昼間っから飲んだわけではありません!


空き缶をキコキコと切り開いてワイヤーをネジネジして…と、 普段あまり持ち慣れないラジオペンチを片手に、皆さん奮闘されていました。
人数が多かったので小一時間ほどかかって、植物プレートが完成!植物名を書き入れ、実用兼ガーデンアクセサリーとして使えます。

このあと、大槌のバイパス花壇を考えるワークショップに移りました。 これまでに皆さんからいただいた様々な意見やアイディアを集約し、再確認。 
来年予定している講座について皆さんからご意見も伺い、その内容もほぼ固まりました。
詳細については、またフェイスブックなどでご案内します。

会はそのままランチミーティングへとなだれ込み、その中でも参加者の方から「エコな花壇づくり」という新しいキーワードが出てくるなど、皆の目指す「大槌花壇」に向けて少しずつ歩みが進んでいるのを感じました。

次回は、1月22日(金)に「ぷち講座」開催予定です。また皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!
 (by畠山)